Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://8018gongon.blog.fc2.com/tb.php/142-c12ffa34

トラックバック

コメント

[C860] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C861] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C862] こんばんは(´∀`)

長いこといっしょに住んでいると赤の他人も
本当の家族以上になれるのですね。
なんか感動!(´;ω;`)です
私の姑は離れているので何も問題ありません。
問題があるとすれば・・・何もないのが問題かも
年賀状も夫の名前だけ・・・
私はいないものとされてるみたいです。
(^_^;)
  • 2013-01-13 19:15
  • はちみつ
  • URL
  • 編集

[C863]

これは、グチじゃないですよ、ごんにゃんさーん

ごんにゃんさんの素直なお気持ちだと受け取り、
最後には目から涙がポロリ

人のことを愛おしく思うそのお気持ちをずっとずっと大切にして欲しいです
そして、正直な今の気持ちがものすごーく私の心に響きましたぁ(*^_^*)

[C864] 心の強さ

『 好き 』では無く、『 愛おしい 』

これ、素敵な言葉ですね。

人を許すには、強い精神力が必要なはず。
そんな強さと、やさしさを持ったごんにゃんさんも、やはり素敵な人だと思います。

  • 2013-01-13 21:00
  • 片瀬みこと
  • URL
  • 編集

[C865]

こんばんは。

自分のことより、おかーさんのことを一番に

思っていることが、よーく伝わってきました。

こんなごんにゃんさんみたいな嫁さんが

そばにいてくれるので、おかーさんも

ほっとしているのですよ。
  • 2013-01-13 22:26
  • あーとパパ
  • URL
  • 編集

[C866] 画像認証の件

ごんにゃんさんのブログ、画像認証の設定、外していたんですね。
今日、ようやくそのことに気づきました。

実は私、網膜色素変性症という難病で、視力がほとんどありません。

スクリーンリーダーという、音声読み上げソフトを利用すれば、ブログ記事の読み書きが可能になるんですが、この方法では、残念ながら、画像認証を突破することはできません。

きっと、ごんにゃんさんのブログも、この画像認証の設定がされているんだろうと思い、今までコメントすることを躊躇してました。

でも、そうじゃなかったんですね。
私にとっては、これ、うれしい驚きでした。

人それぞれ、抱えている問題は違うでしょうが、ごんにゃんさんのブログで、元気をもらっている人は多いと思いますよ。
私がそのうちの一人です。

  • 2013-01-13 23:07
  • 片瀬みこと
  • URL
  • 編集

[C867] こんばんは~

姉小姑さんもいつか目が覚めて
ごんにゃんさんの優しさに気が付くでしょうね
  • 2013-01-13 23:28
  • ティンク
  • URL
  • 編集

[C868] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C869]

この記事泣きながら読みました。(T_T)
なんて せつない。。。。涙があふれて止まりません。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ごんにゃんさんの優しさは 本物で 常に溢れていてすばらしい!
この記事を読んで 読む人の環境によってとらえ方が違うかもしれませんが
でもきっと ごんにゃんさんの優しさを見て
自分もそうなりたいなと そう思えるようになりたいなと
思う方は沢山いると思いますよ。
私もごんにゃん姉さんを見習えるよう 毎日を頑張りたいと思います。
  • 2013-01-14 12:07
  • コトリ♪
  • URL
  • 編集

[C870]

熱いものがこみ上げました。。。

お姑さんは、ごんにゃんさんと出会えて。。。
本当に良かったですね。って、思います。
小姑さんは、独身なのかな???
自分の心がガサガサの人は、人の心を思う気持ちを
持てません。。。
小姑さん。。。 ん~(-_-)何か。。。 自分を好きになれるような
きっかけに出逢えれば良いのにな~。

余談でうが。。。 ボブの母も、嫁入りした頃は苦労をし
姑がボケて、寝たきりになった頃には、姑から
『かあちゃん』って呼ばれ^^;。。。 
甘えられて、姑の母親でもあり、娘でもあるような関係でしたよ。
だから、今のごんにゃんさんの立場になるまで
一人で流した、ごんにゃんさんの涙の多さがわかります。
頑張りましたね。。。 ごんにゃんさん。。。

割腹致す。。。m(__)m   
あはは(*^_^*) 最後はふざけてみました~。



  • 2013-01-14 13:34
  • スポンジボブ
  • URL
  • 編集

[C871] Re: 御礼


コメントをくださった皆様

有難う御座いました。

甘えてしまいました。

お陰様で、バリバリに復活致しました。

直接、御訪問させて戴き、お礼を申し上げたいと存じます。

誠に、有難う御座いました。
  • 2013-01-14 16:03
  • ごんにゃん
  • URL
  • 編集

[C884] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C889] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C911] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C913] Re: タイトルなし

鍵コメの皆様 ヽ(^。^)ノ


ありがとー!
直接、遊びに行っちゃいましたよー! (^_-)-☆
  • 2013-01-16 15:48
  • ごんにゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

情けないです

今日は、怒りの話です。
そして、切ないです。
長文です。

そういう話が苦手な方は、御遠慮くださいませ。





水曜日に子宮頸がんの検診に行ったので、水曜日と木曜日は、おなかが痛くて、姑の所へは行きませんでした。
5分だけしか会えないしって軽く考えてしまいました。

金曜日、面会禁止が全面解除になったので、午後、歯医者に行く前に姑に逢いに行きました。

姑は、リハビリに行く途中で、エレベーターに乗り込む所でした。
姑、私の顔を見ると、びっくりした顔で数秒固まり、
そして、私の手を握り締めて泣き出しました。

『 あなたに生きて逢えるとは思っていなかった 』

施設の方も、

『 来てもらえて良かったですね! 』

姑は、泣きながら、

『 せっかく元気になったのに、また大病をして可哀想に 』

私の手を離さず、リハビリへも行かないと言い張りました。





姉小姑です。

水曜日の午後、姑に5分面会をして、私が、ガンで死ぬって言ったらしいです。
姑は、私が行くまでの3日間、思い出しては泣いていたそうです。
おなかが痛くても、逢いに行けば良かった!

姉小姑は、私が2年前、初めて子宮で引っ掛かった時も、姑に、

『 ごんにゃんは、ガンで死ぬわ! 』

と話したらしく、ダンナが大丈夫だと何回も言い聞かせてくれました。
昨年、姑が脳梗塞で寝込んだ時、

『 もう、体は治ったの? 死なないよね? 』

と聞かれ、悲しませた事を申し訳なく思いました。

多発性硬化症の時は、姉小姑は病気がどんなものか分からず、
治らない厄介な病気だって、あちこちで言いふらし、姑にも話したみたいですが、ちょうど姑が体調が悪い時期で、頭に入らず助かりました。

多発性硬化症の予防として、ストレスと疲労を溜めない事と、免疫力低下防止が1番なので、退院後、そのことが書いて有るページをプリントして姉小姑に渡しました。

ストレスと疲労は、姉小姑に知って貰わないと困りますから。
姉小姑、それをあちこちで見せて回って、もう、死ぬんやからと言いふらしました。

私は両親にも話していないし、ダンナに、私の病気の事は絶対に、姉小姑にも誰にも言わないでって言っておいたのに、
ダンナもおしゃべりしたい派で、居酒屋やあちこちで言いふらし、姉小姑にも手術が決まった日、話したそうです。

診察待ちをしている私が、姉小姑からの何回もの着信に出なかったので、姉小姑はダンナに電話して、ダンナ、手術をすると話したそうです。

姉小姑、すぐに姑の所へ行って、姑に、『 ごんにゃんは、ガンで死ぬわ! 』

たまたま聞いていた施設の方もビックリ!
姉小姑は、泣く姑をほったらかして帰ったそうです。

施設で寂しい思いをしている姑に、そして、私が元気になったと喜んでいる姑に、心配させるような事をわざわざ言いに行く気持ち、理解に苦しみます。
普段は、見舞いに行かないのに。

一昨年、姑が骨折して、40分ほど掛かる病院に入院した時、たまたま姉小姑の友達の良子ちゃんも骨折して入院していました。
姉小姑は、良子ちゃんのお見舞いには、しょっちゅう行くのに、同じ階に入院している姑には逢わずに帰っていました。
その頃、私が子宮で引っ掛かり、それから何回も、私が子宮ガンで死ぬって言いに行ったみたいで、宥めるのが大変でした。



去年、私が元気になったと喜んで、なのにまた、私が死ぬ病気だと聞かされ、姑は私の手を握り締めて離さず、泣いて喉がヒューヒュー鳴っていました。

私が居ると泣き止まないので、





私の病気は治る病気ですよ。
治療が出来る病気で良かったって思ってくださいね。

病院の、お医者さんが、治してあげるからねって言いましたよ。
もう少ししたら、悪い所を取ってもらいますからね。

見てください。
私が、病気に見えますか?
こんなに元気な病人は居ないでしょう?

私が元気じゃないと、ダンナも姉小姑さんも困るでしょう?
お義母さんが泣いたら、私の元気が無くなっちゃいますよ。
もう、泣かないでくださいね。





姑は、笑顔になって、

『 そうだよねぇ。 あんたは元気だもんね 』

やっと手を離して、リハビリを始めてくれました。
そして、

『 本当に大丈夫なの? 』

私は大笑いしながら、

『 私がウソを言った事が有りますか? 』

姑も大笑いして、

『 そうだよね! 元気なんだから私の世話をしなさいよ! 』

私は、

『 じゃ、買い物に行って来ます。 もう、泣かないでね 』

姑は、すっかり元気を取り戻し、

『 まぁた、イジめてやるからね! ほっほっほ~! 』



いつもの様に、お互いに大きく手を振って玄関に行きました。
そして、また姑をこっそり見に行くと、笑顔で元気にリハビリをしていました。

姉小姑が情けなく、可哀想な人だと思い、泣けて仕方が無かったです。



今日も姑は、本当に大丈夫なのかと何回も聞きました。
まだ、不安が有るんでしょう。
可哀想に!



姑には、散々、イジめられ、心も体も壊したけど、恨む気持ちは有りませんでした。
私が不甲斐無い嫁なんだと、自分を責めていました。

姑の体が不自由になってからは、愛おしいと思うようになり、私を蹴ったり叩いたりする力が弱くなった事が悲しくてたまりません。
姑が可愛くて堪らず、涙を流しながら、ご飯を食べさせたりしました。

『 好き 』では無く、『 愛おしい 』

姑にのめり込み過ぎ、回りが見えなくなって、姑離れをしようと、ブログで悪口を書いたりしました。

姑は、私の事を、誰?と聞かれると、口籠ったり、お手伝いさんと言っていましたが、
脳梗塞で寝込んだ時は、『 嫁 』と言い、それからすぐに、『 娘 』と言うようになりました。

初めは、ボケたのかな?と思いましたが、私への意地悪が減って、優しくなって来る姑に、どんどん愛おしさが募りました。

もう、姑と嫁では無く、『 親子 』になれたんだと思うと、言い表せない、物凄い幸せが心を満たして、そして溢れています。
この、溢れる分の幸せを、姉小姑の心に注いでやりたいです。

人の心の痛みが分からない、可哀想な姉小姑。



長々と私のグチにお付き合い戴きまして、有難う御座います。
まとまりの無い、書き殴り、ごめんなさい。

書いて、心が落ち着きました。


有難う御座いました。まる。




関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://8018gongon.blog.fc2.com/tb.php/142-c12ffa34

トラックバック

コメント

[C860] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C861] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C862] こんばんは(´∀`)

長いこといっしょに住んでいると赤の他人も
本当の家族以上になれるのですね。
なんか感動!(´;ω;`)です
私の姑は離れているので何も問題ありません。
問題があるとすれば・・・何もないのが問題かも
年賀状も夫の名前だけ・・・
私はいないものとされてるみたいです。
(^_^;)
  • 2013-01-13 19:15
  • はちみつ
  • URL
  • 編集

[C863]

これは、グチじゃないですよ、ごんにゃんさーん

ごんにゃんさんの素直なお気持ちだと受け取り、
最後には目から涙がポロリ

人のことを愛おしく思うそのお気持ちをずっとずっと大切にして欲しいです
そして、正直な今の気持ちがものすごーく私の心に響きましたぁ(*^_^*)

[C864] 心の強さ

『 好き 』では無く、『 愛おしい 』

これ、素敵な言葉ですね。

人を許すには、強い精神力が必要なはず。
そんな強さと、やさしさを持ったごんにゃんさんも、やはり素敵な人だと思います。

  • 2013-01-13 21:00
  • 片瀬みこと
  • URL
  • 編集

[C865]

こんばんは。

自分のことより、おかーさんのことを一番に

思っていることが、よーく伝わってきました。

こんなごんにゃんさんみたいな嫁さんが

そばにいてくれるので、おかーさんも

ほっとしているのですよ。
  • 2013-01-13 22:26
  • あーとパパ
  • URL
  • 編集

[C866] 画像認証の件

ごんにゃんさんのブログ、画像認証の設定、外していたんですね。
今日、ようやくそのことに気づきました。

実は私、網膜色素変性症という難病で、視力がほとんどありません。

スクリーンリーダーという、音声読み上げソフトを利用すれば、ブログ記事の読み書きが可能になるんですが、この方法では、残念ながら、画像認証を突破することはできません。

きっと、ごんにゃんさんのブログも、この画像認証の設定がされているんだろうと思い、今までコメントすることを躊躇してました。

でも、そうじゃなかったんですね。
私にとっては、これ、うれしい驚きでした。

人それぞれ、抱えている問題は違うでしょうが、ごんにゃんさんのブログで、元気をもらっている人は多いと思いますよ。
私がそのうちの一人です。

  • 2013-01-13 23:07
  • 片瀬みこと
  • URL
  • 編集

[C867] こんばんは~

姉小姑さんもいつか目が覚めて
ごんにゃんさんの優しさに気が付くでしょうね
  • 2013-01-13 23:28
  • ティンク
  • URL
  • 編集

[C868] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C869]

この記事泣きながら読みました。(T_T)
なんて せつない。。。。涙があふれて止まりません。・゚・(*ノД`*)・゚・。
ごんにゃんさんの優しさは 本物で 常に溢れていてすばらしい!
この記事を読んで 読む人の環境によってとらえ方が違うかもしれませんが
でもきっと ごんにゃんさんの優しさを見て
自分もそうなりたいなと そう思えるようになりたいなと
思う方は沢山いると思いますよ。
私もごんにゃん姉さんを見習えるよう 毎日を頑張りたいと思います。
  • 2013-01-14 12:07
  • コトリ♪
  • URL
  • 編集

[C870]

熱いものがこみ上げました。。。

お姑さんは、ごんにゃんさんと出会えて。。。
本当に良かったですね。って、思います。
小姑さんは、独身なのかな???
自分の心がガサガサの人は、人の心を思う気持ちを
持てません。。。
小姑さん。。。 ん~(-_-)何か。。。 自分を好きになれるような
きっかけに出逢えれば良いのにな~。

余談でうが。。。 ボブの母も、嫁入りした頃は苦労をし
姑がボケて、寝たきりになった頃には、姑から
『かあちゃん』って呼ばれ^^;。。。 
甘えられて、姑の母親でもあり、娘でもあるような関係でしたよ。
だから、今のごんにゃんさんの立場になるまで
一人で流した、ごんにゃんさんの涙の多さがわかります。
頑張りましたね。。。 ごんにゃんさん。。。

割腹致す。。。m(__)m   
あはは(*^_^*) 最後はふざけてみました~。



  • 2013-01-14 13:34
  • スポンジボブ
  • URL
  • 編集

[C871] Re: 御礼


コメントをくださった皆様

有難う御座いました。

甘えてしまいました。

お陰様で、バリバリに復活致しました。

直接、御訪問させて戴き、お礼を申し上げたいと存じます。

誠に、有難う御座いました。
  • 2013-01-14 16:03
  • ごんにゃん
  • URL
  • 編集

[C884] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C889] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C911] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C913] Re: タイトルなし

鍵コメの皆様 ヽ(^。^)ノ


ありがとー!
直接、遊びに行っちゃいましたよー! (^_-)-☆
  • 2013-01-16 15:48
  • ごんにゃん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ごんにゃん

Author:ごんにゃん
こんな私ですが、どうぞ、よろしく!
ネコ命!!
アルコールが血液の、あらあらフィーです。

(^v^) んーちゃん

☆ 16歳で、お空へ ☆              ★ 男の子です ★
んーちゃん
************************** ・

(^v^) ごまちゃん

❤ 16歳、女の子です ❤  
ごまちゃん
************************** ・

(^v^) びんちゃん

★ 14歳、男の子です ★
びんちゃんお座り
************************** ・

(^v^) ぴこちゃん

❤ 14歳、女の子です ❤
ぴこちゃん
************************** ・

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆グチグチ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ぐだぐだカウンター

こんにちは~  ご訪問、有難うございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。