Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://8018gongon.blog.fc2.com/tb.php/211-c98df32e

トラックバック

ばっばん

今日は、ばっばんの15回忌です。

父方の祖母です。

ばっばんって呼ぶのは恥ずかしいのですが、ばっばんが、
『 ばっばん 』 の方が可愛いと言って譲りませんでした。



ばっばんは、終戦の前年、赤ちゃんの末娘を抱いて、じーちゃんの出征を見送ったそうです。
その年の、11月26日が、じーちゃんの命日になりました。
海軍だったので、遺骨の代わりに石が1個、送られて来たそうです。

じーちゃんが亡くなると、じーちゃんの親や兄弟は、ばっばんに冷たくなり、
ばっばんは必死に働き、5人の子供を育てました。

その内、背中の痛みに苦しむようになり、お灸で治そうとして、
背中のほとんどがケロイドになり、
晩年は、その痛みで苦しみました。

背中の痛みは、実は蟯虫で、それが分からず、
ばっばんは、寝込んで動けなくなりました。
ばっばんが息を引き取り、みんなで子供達をどうするか話し合ったそうです。



ばっばんは、物凄く綺麗な所で、じーちゃんに逢ったそうです。
花が一面に綺麗に咲いていて、その向こうで、じーちゃんが来いと言うので、

子供達を置いては行けない。
連れて来るから。



そう言ってばっばんは帰って来ました。
ばっばんが息を吹き返し、獣医さんが、

『 死ぬか生きるか、どっちかだ 』

そう言って、牛用の虫下しをばっばんに飲ませたそうです。
ばっばんは、生きました。

それから、あれこれと仕事をして、土木作業に落ち着き、
70前まで働きました。



人に迷惑を掛けたくないと言うのが、ばっばんの口癖で、
わが子にさえ遠慮していました。
一人暮らしで、あれこれがきつかったろうに、助けてとは言いませんでした。
私も、時々、あれこれ持って遊びに行くくらいでした。

私は、ばっばんの内孫としては初孫という事で、可愛がってもらいました。
んーちゃんが倒れてからは、家を空けられないので、電話が主でした。
1時間では終わりません。
時には、5時間くらい話しました。
電話代が大変だって笑い合いました。



人に頼みたくないって性格だから、自分でストーブを出そうとして転び、
腰が痛くて動けないから、夜もこたつで寝ていました。

そして、風邪をこじらせました。

始めは、心筋梗塞って診断だったそうですが、よくよく検査すると気管支炎の酷いやつということで安心していました。

トイレも自分で出来るのに、おむつをされ、
ばっばんは文句を言わず、我慢しました。

だんだんと、元気が無くなり、御飯を食べてくれなくなり、話してくれなくなり、
14年前の、4月7日の早朝、弟が、ばっばんが危ないと電話をくれました。

私、ばっばんが居なくなるって事に実感が無く、


そうやって、何回も子供達を集めるもんだから、大丈夫だよと言いました。
これほどの後悔は有りません。



ばっばんは、たった1回、みんなを集めただけで旅立ちました。
50日ほどの入院でした。
人に迷惑を掛けたくないと言うばっばんらしいです。
86歳でした。



化粧をされたばっばんは、とっても綺麗でした。



苦労ばっかりして、遠慮ばっかりして、
凄く気難しかったらしいのに、
年を取ってからは、とっても優しく、よく笑う、仏さんみたいなばっばんでした。
お仕事のせいか、背筋がピンと伸びて、健康そのものに見えました。



ばっばんの寿命について、考えた事も有りませんでした。
いつでも、遊びに行けば、寝転んで寝癖のついた頭で迎えてくれると思っていました。



声を上げて泣きたいのに、喉で詰まって苦しい。
胸がギューギュー掴まれたみたいで、息が詰まる。
後で叔母に聞いたら、泣き過ぎて、顏が黒く腫れ上がっていたらしいです。

いくら泣いても、ばっばんは帰って来てはくれませんでした。
1度は帰って来たのに。



ばっばんが旅立ってすぐ、私は或る事情で実家に帰りました。
毎日、墓参りをしました。
どこかへ行く前には、ばっばんちに行って、

ばっば~ん!
返事をしてよ~。
居ないの~?



帰るときも、ばっばんちに行って、

ばっば~ん、居ないの?
帰るよ~。



実家を離れると、次第にばっばんちにも行かなくなりました。



今日は、大好きなばっばんの命日なのに、お墓参りも出来ず、
ばっばん不幸です。



いつも後悔ばかりします。
あぁすれば良かった。
こうすれば良かった。

ばっばん、んーちゃん、おばちゃん達、知り合いの方々、

その度に、後悔します。
『 次 』は無いのに。



いくらやっても、充分って事は無いと言う人も居れば、
やるだけやったから、もういいと言う人も居ます。

私は、充分では無くても、やるだけやったと言えるようになりたいと思います。
思うだけで、なかなか出来てはいませんが、やれたことをしなかったとは後悔したくありません。

それが、両親でも、ダンナでも、身内でも、にゃんこでも、誰にでも。

自分の事でも。



なんだか、しんみりしちゃったので、コメント欄は、閉じちゃいました。

関連記事
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://8018gongon.blog.fc2.com/tb.php/211-c98df32e

トラックバック

Appendix

プロフィール

ごんにゃん

Author:ごんにゃん
こんな私ですが、どうぞ、よろしく!
ネコ命!!
アルコールが血液の、あらあらフィーです。

(^v^) んーちゃん

☆ 16歳で、お空へ ☆              ★ 男の子です ★
んーちゃん
************************** ・

(^v^) ごまちゃん

❤ 16歳、女の子です ❤  
ごまちゃん
************************** ・

(^v^) びんちゃん

★ 14歳、男の子です ★
びんちゃんお座り
************************** ・

(^v^) ぴこちゃん

❤ 14歳、女の子です ❤
ぴこちゃん
************************** ・

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

☆グチグチ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

ぐだぐだカウンター

こんにちは~  ご訪問、有難うございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。